タグ:本 ( 76 ) タグの人気記事

最近読んだ本

「ピンクの神様」 魚住直子

魚住さんの初の大人向けの小説とか、紹介されてた、気がする。
短編が多数収録されている。
ひとつひとつが短いのではじめは物足りなさもあったけど、完成度が高いので途中で慣れた。
描写に共感したり思いを巡らせたりと、女性のための話だと思った。
男性がどう思うかはわからないけど。


「きのうの神様」 西川美和

短編集。地域(地方)医療に関する話。
淡々と紡がれる話。
決して軽い話ではないが、読むことを止められなかった。
ディアドクターというのは、映画の原作なのかと思ったが、
そういう分けでもなさそう(映画は見てない)。


「にんげんは夢を盛るうつわ」 森まゆみ

谷根千について書かれている。
小川糸の蝶々喃々を連想する。
4時間くらいかけて隅々まで散歩してみたくなった。
文章が綺麗で読みやすいエッセイだった。
エッセイだけあって著者の意思が語られる、視野が少し広がった気がする。


「きりこについて」 西加奈子

話の運び方は少し独特。だけど読みやすかった。
登場人物の視点がおもしろい。
少し、自分や周囲の人間を見直すきっかけになった。


「リテイク・シックスティーン」 豊島ミホ

暑苦しくない系、どっちかっていうと重苦しい系の青春小説、かな。
テンポが良くて読みやすくておもしろかった。
16歳の頃って・・・、私はリテイクはしたくないなぁ。。。


「ビールボーイズ」 竹内真

竹内さんの作品は、いつも爽快な風が吹いているように感じる。
テンポが良くて読みやすかった。
青春ものだけど、登場人物に密着しているわけじゃなくて、
長いスパンにわたってイベント(ビール祭り)ごとに書かれている。
エンターテイメント!って感じ。


「寒椿ゆれる(猿若町捕物帳)」 近藤史恵

近藤さんの作品は、文章が読みやすくて好きで手に取りやすい。
猿若町捕物帳シリーズは読んだ事なかったけど、
これより前のシリーズが見つからなかったので途中からでも読んでみる。
途中からでも問題なく、おもしろい。
私はミステリーはあんまり好きじゃないけど、
キャラクターがおもしろくて今回もさくさく読めた。
同シリーズのほかの作品も読みたい。

----------------

トイレの神様っていう歌がはやったけど、○○の神様がきてるのか?
[PR]

by maokon | 2011-03-20 23:43 | 読書ランニング

気を抜く

お盆休みが終わった。

大して読んでもないのに"本好き"を公言しておくと、
いろんなものをもらえる。
大して読んでなくても"本好き"は本当だから嬉しい。
今年の誕生日に、友人からプレゼントともに「ぜひ読んでもほしい」と本を借りた。
別の友人にbookmarkをもらった。

お盆開けの今日、
仕事に身の入らない、いい意味で気の抜けた中で
そのbookmarkをつけてその本を読んだ。
内沼晋太郎さんの本。

自己啓発的なものは好きじゃない。大嫌い。
よかったのは、右から読む、本の話の第2章。
"本"への考え方、思いが伝わってくる。
この本を読んで自覚したことは私は本を感じることが好きだということだった。
コミュニケーションの手段や本との出会いのためのアクションは重要には感じていない。
本を読むことで無意識を感じることが好きだ。

今の仕事に文句を言いながら、
私は本に関係する何かでありたいとう想いから、ますます逃げているようだ。
それを認めたくなくて、というのは、今を認めたくなくて、文句を言う。
そして、本当に"本"ということにかかわっている実感がない今も好きなんだ。
悲しい、でも嬉しい。

もっと気を抜いてゆっくり、私の好きな本の世界へ向かっていこうと思った。
この本を私に貸してくれた友人に感謝する。

わずらわしいことが多くて、気が休まることが少ないけれど、
信じられるものがあることに感謝する。
声を聞きたいあの人に感謝する。
真っ赤に染まる空、雲、世界に染まっているのに突き抜けていく飛行機雲、美しいと思える瞬間を愛し続ける。
[PR]

by maokon | 2009-08-17 21:41 | 日記

海の日の休日

梅雨明けも発表されてもう夏。こんなに暑いとうちにはいられない。
クーラーをつけたら負けだと思っている、根拠のない意地と天邪鬼な性格。
それでも、うちでお昼までごろごろ寝ていた。
暑い、 眠い、 (とりあえずTVでもつけとくか)、 起きなくちゃ、 今日何する予定だっけ、 眠くないけどだるい、 このまま気温が上昇していくと危険だ、  、  、 起きるか!


避暑のために近くの図書館へ行く。つまりは、あんまり計画はなく暇人だったということなのだ。意外と人のいない図書館で、漫画を読んでみたり本棚を眺めてみる。いまいち興味がひかれずにふらふらと、それほど効いてもいない冷房の空気の中を歩き回った。暇をもてあまし、少しを過ごして図書館を出た。
図書館から出て最初に思ったことは、今日は意外と暑くないということ。歩くことを空気がまとわりついて阻害するようなほどの気温ではないようだ。

そのまま渋谷へ出て、本日のメインイベントをこなしてきた。耳に穴を、ピアスホールを開けてきた。周りの人に話すと、特に男性は必ず反対する。「痛いじゃん」とか「後残るよ」とか、よくわからない理由を述べる。なんでだろう。。。でも、何で私は穴を開けたいんだろう。わかるようで気づきたくないような気持ちだ。
勢い、というのもあった。「開けるんだー」と人に言ってしまったから実行しなくては。(開けたい)と思ったチラリとした欲望の尻尾を掴むように。そんなことを考えながら直前までいたのだけれど、実際開けようかなと思ったら尻尾どころじゃなく(開けたい!)っていう気持ちがむくむくと大きくなっていったのだから面白い。そして、開けるという体験も面白かった。
空けた瞬間は痛いかもと思ったけれど、その後はほとんど痛いということもなく、「ちゃんと穴ができるようになるまでは面倒見ますから何でも行ってください」という、よくしゃべる穴を開けてくれた人も頼もしく、嬉しく思った。

あとは渋谷をぐるぐる。店を見て店を見て店を見て店を見て店を見て店を見て・・・ほしいモノはあったのだけど心に留まる品がなく購入は断念。最後に行き着いたところは本屋で、物色しながらいろいろと興奮する。(いーなー)と思いながら文芸書棚を眺め、雑誌をよんでそのロケ地にや物品に憧れと妄想をいだく。
日記を書こうと思った。
あと、24歳の趣味は貯金にしようと思った。
それで、昨日現れた憂鬱な気持ちを薄めようとした。
  がんばる気持ちにはなかなかなれず、
  開き直るのも躊躇してしまう。
  結局、今の結論は見えているのに、出口は見えていない。
  怖がっている。
  時間に薄められていい憂鬱じゃなくて、どうにかしなきゃいけないのに。
  そう思うのに。
興味を持った書物について、ミーハーにメモをしておこう。
+華恵さんの新作エッセイが出ていた。思春期だから大変なんじゃないかなぁなんて無粋な邪推を私はする。
+山崎ナオコーラさんの新作が出ていた。サイン本に会って一瞬本気で買おうと思ったけど、値段はハードカバー価格で厚さがあまりなかったのでやめた。前の作品は、見つけた瞬間買ったのだけれど、今回はやめた。そんなこともある。
+恩田陸さんのスペースに知らないタイトルの本がたくさんあって、少しショックを受ける。図書館で借りようと思う。
+雑誌パピルスの「男たちのジブリ」が面白かった。女たちのジブリできないかな。やりたいな!
+雑誌パピルスのCoccoの連載記事を読む。簡単そうでほかの料理記事より好感をもつ。スターベリーはないから、なんかジャムに向いているようなフルーツが偶然手に入ってたまたまジャムでも作ろうかなと思ったときにやってみようと思った。
+日系ビジネス新書のコピーにかんする本がランキングにあって手に取った。細かいから解説はあまり読まなかったけれど、紹介されていた数々のコピーライトは凄いと思った。いいなぁ、言葉はすごいなぁ、作り出せる人いいなぁ。電車のドア横の広告って結構面白いんだよね。

帰りがけに、カレーをテイクアウトする。ナンとライスが選択できて、ナンを選ぶんだけどこれがものすごい大きさ。幸せを感じる大きさ。カレーはベジタブルカレーにしたんだけど、あんまり辛くなかった。ブタバラ辛口カレーとまよって、値段でベジタブルを選んだんだけど失敗だと思う。
夏、だからかわからないけれど、今私の中でカレーが熱い!暑い!色々食べたい。誰と?
ナンは大きいので、半分を明日のお弁当用のパンにして、明日の昼食はサンドウィッチに決まった。


本を読もう。
日記を書こう。
貯金を趣味にするのはもう少し後。
ランニングは気が向いたらしよう。
毎日を楽しく過ごせるように常にがんばろう。これは忘れちゃいけない。
[PR]

by maokon | 2008-07-21 23:09 | 日記

読書ウォーキング?

「孤独か、それに等しいもの」大崎善夫

私好みの暗い話しだった。
でもよかった。
暗くて重い風でさらっと読める。
[PR]

by maokon | 2007-06-23 19:54 | 読書ランニング

書くこと

伝えること
伝えたいこと
表現すること
アーティスト
作家

商品*お金
人生70年
構成――
貪欲に求めて:あくなき追求心&止まらない欲望
乗り越えるパワー 当たり前のパワー 盲目のパワー

ハート = 心
プロ
自分のことが好きだということ
その結果がもたらすもの
見えない時 ← 自分のことが嫌いだということ

 戻れない 流れていくもの:全部
( 知っていることが偉いわけじゃない 知らなくていい 知る必要なんかない 気づくことが光 )
( 忘れることの無意味さ )

もう年末ですね。
[PR]

by maokon | 2006-12-23 01:39 | その他

「できればムカつかずに生きたい(田口ランディ/幻冬舎文庫)」

 エッセイ物は読みやすい。考えやすい。
 とくに、この本のような、経験などを元に自身の意見をすっぱりと言い切るものほど、自分で考えるきっかけになる。さまざまな物事がとりあげられていて、読んでいていつも何か考えさせられた。
 よしもとばなな的というか、神系話には相変わらず嫌気を感じる。けれども小説じゃないだけ、信じる信じないと言うよりも、そのこと(神的現象)から何を感じどう考えるかが述べられているのが面白い。

 私は、近頃は…結局廻り廻って現状が今にベストなのかなと思い至る。進化(?)の形というか。

 エッセイは、というか、これくらい短編だと少しずつ読みやすいなあ。だから読むのに時間をかけてしまえるのかー。
[PR]

by maokon | 2006-12-15 02:32 | 読書ランニング

私が思うこと

 今日は少し落ち込んで(こんな感じは久しぶり)、現実逃避モードだ。部屋へ戻ってきてすぐベッドに横になって、本を読み音楽を聴きながら眠った。一時間経った。
 本当に些細なことがきっかけになる。原因は、授業で提出した英語で書く簡単な日記のようなものへの先生のコメントだった。「日々のエヴェントについて書くより、それについてあなたの感じたことを書いてね」こんな感じの内容。私は、先生が期待していた内容とは違うものを書いていたのだなと、一人でがっくりしていた。なんてことはないこと、ただ事実ばかりがずらずら並んでいたから、純粋にそういうコメントになったのだろう。予想はどうとでもつけるけれど、一度抱いた妄想はなかなか大きく響いている。
 私、今日、何を思ったっけ。。。
 田口ランディ氏のエッセイ「できればムカつかずに生きたい」を読んでいる。ときどきいろんな意味でひっかかる文章を見つける。面白い、面白いのになかなか進まない、それが不思議でまたおもしろい。
 寝転がっている時に、ちょうど中間くらいに位置する表題作「できればムカつかずに生きたい」を読んだ。それを読んで、後輩の顔を思いうかべたり自分を思いうかべたり、少し分析してみた(考えをめぐらせてみた)。
 私は本当の自分の声に気づかない人間になっているのかもしれない。かっこつけようとしていたんだろう、よく何でも平気な振りをしたがった。思い込みは自分を変える。しかし変わったのは思考回路だけであって、感情(心)はただ気づかなくなっているのか。これは、最近よく考えていたことでもある。
 こだわりがない人間であるように、なれば楽だと思った。今では、こだわりがある人間に憧れる。けれど、こだわりがある人間に無理矢理なりたいとはちっとも思ってない。自分は自分だ、と。中学時代に『こだわりが多いね』と言われたことがある。今でも意味不明だ。
 今日、私は、面白いとも思わず、ムカつくとも思わず、でも心の中で世の中すべてを罵倒していたのかもしれない。そんな、気持ちで毎日を送っているのかもしれない。
駄目だ、と思うのは私の勝手だ。だからきっと、駄目だ、と思う必要もない。逃げられる存在が欲しい、と甘えの感情が湧いてきていた。

 おまけとして、最近良く感じるのは、
 私は自分の感情を伝えるのに言葉が少なすぎるようだ。もう伝わっただろうと思っても、実際はよく伝わっていないようだ。もっと詳しく細かく言葉で伝える、それは私が自分の感情を意識化してよくわかっていないとならないし、人とあまり付き合ってこなかった経験不足のところもある。
 コミュニケーション能力が、ないので、将来は色々不安だ。

石が坂道を転がるように、
人が考えるのを止められないように、
時が止まることはない。
なるように、なれ。なるように、なる。なんとかするのは、私。
[PR]

by maokon | 2006-11-29 23:25 | 日記

「ブルータワー」石田衣良

久しぶりにSFモノを読んだ。なんだか、懐かしい感覚だ。SF作品て、私が今まで読んだものの中で比較するとけっこう似ている感じがする。

私は、組み入った設定とか、冒険や推理やスリルが面倒くさく感じた。だらだらと続いて、登場人物たちが進み動く割には、内容は進まない。最後の展開もあまり好きじゃなかった。

…私が、読書疲れしていたのもある。
[PR]

by maokon | 2006-09-15 10:21 | 読書ランニング

「人のセックスを笑うな(山崎ナオコーラ/河出書房新社)

山崎ナオコーラさんの文章が好きだ。
 朝日新聞の土曜版beの、確か、 赤にたまにエッセイが掲載される。それで、作家名を覚えた。
HP(微炭酸ホームページ
こちらに載っている、日記も結構好きだ。

 本作は、あまり好きではなかった。結論としては分かるような気がしたけれど、個人的にストーリーは好きじゃない。・・・一見、攻撃的な作品名だと思う。文章はやっぱり好きだと思う。
 今後、他の作品(小説)も、読んでみようと思う。
[PR]

by maokon | 2006-09-14 01:37 | 読書ランニング

「エンキョリレンアイ(小手鞠るい)」

携帯と三時の空間

マックで涼み中。
部屋には荷造りのおわったリュックを置いてる。

 さて、本の感想。
 海晴のポジティブさはよかちたけど、一歩引いて凄い人だ、と見る。
 ラストは何だったんだろう。

台風に会いに行くみたい…今夜出発です
[PR]

by maokon | 2006-08-17 15:27 | 読書ランニング