タグ:好き ( 4 ) タグの人気記事

大切なもの

なくしものばかりしている私、
「なくさないでね」と言って、
大好きな人が私に買ってくれたキーケースとキーホルダー。

たった一年でなくしてしまった。

まるで、死んでしまったように、もうあえないんだなと思う。
最後に見た時をはっきりと覚えていて、
なんでそのときちゃんとしなかったんだろうと、後悔してる。

なくなって初めてわかるという感覚に近いのか。
一生に一回奇跡があるなら、浅はかかもしれないけど、今使いたい。
戻ってきてほしい。もう一度姿を見たいし、もって歩きたい。
大切な人との思い出がつまっているキーケース。

前を向いて笑って行けばいいのだけど、あきらめきれないから、また独りになったとき思い出して泣いてしまう。
大事なものだった。今どこにいるんだろう、どうしてなくなってしまったんだろう。
毎日使っていた事をくっきりと思い出す。

何かが切れてしまいそう、私が立ち直らないとすべてが悪い方向へ流れていく。
謝っても悔やんでも終わらない。二度としない自信もない。
戻ってきてほしい、なんでなくしてしまったんだろう。

すべては自分のせいだ。
やっぱり私が立ち直らないといけない。私が亡くされれば良かった。
キーケースが残れば良かったのに。弱音。
[PR]

by maokon | 2010-09-28 00:03 | 日記

気を抜く

お盆休みが終わった。

大して読んでもないのに"本好き"を公言しておくと、
いろんなものをもらえる。
大して読んでなくても"本好き"は本当だから嬉しい。
今年の誕生日に、友人からプレゼントともに「ぜひ読んでもほしい」と本を借りた。
別の友人にbookmarkをもらった。

お盆開けの今日、
仕事に身の入らない、いい意味で気の抜けた中で
そのbookmarkをつけてその本を読んだ。
内沼晋太郎さんの本。

自己啓発的なものは好きじゃない。大嫌い。
よかったのは、右から読む、本の話の第2章。
"本"への考え方、思いが伝わってくる。
この本を読んで自覚したことは私は本を感じることが好きだということだった。
コミュニケーションの手段や本との出会いのためのアクションは重要には感じていない。
本を読むことで無意識を感じることが好きだ。

今の仕事に文句を言いながら、
私は本に関係する何かでありたいとう想いから、ますます逃げているようだ。
それを認めたくなくて、というのは、今を認めたくなくて、文句を言う。
そして、本当に"本"ということにかかわっている実感がない今も好きなんだ。
悲しい、でも嬉しい。

もっと気を抜いてゆっくり、私の好きな本の世界へ向かっていこうと思った。
この本を私に貸してくれた友人に感謝する。

わずらわしいことが多くて、気が休まることが少ないけれど、
信じられるものがあることに感謝する。
声を聞きたいあの人に感謝する。
真っ赤に染まる空、雲、世界に染まっているのに突き抜けていく飛行機雲、美しいと思える瞬間を愛し続ける。
[PR]

by maokon | 2009-08-17 21:41 | 日記

love

LOVEっていうのは、結構素敵なことだと思う。
感情が揺れ動く、周りが見えないくらい必死。
余裕がなくて、全てが目の前のことに満たされている。

反芻しても色は見えない。
でもまた求める。

いつか悲しい反芻がはじまるかも。
いつか記憶は上書きされる。
そんなことは考えたくない。

人は意外と生きることに必死だ。「一生懸命」というより「必死」。
いいことだと思う。
必死になろう、嘆くのは終わり。
[PR]

by maokon | 2009-06-22 00:47

初めての言葉

いままでいったことがない言葉が沸いてくる、
つなぎとめる戦略かも
女はずるいから

でも
会いたいとか寂しいとか
私はいえない。
素直じゃない・・・
「醒めてるなぁ」なんて言われる
ちょっと傷つく
でも、
言った事ない言葉
縋って
すがって
すがって
情けなくても
すがって
それを許してもらいたい
それが、今の。
気持ち
[PR]

by maokon | 2009-05-18 23:47 | その他