火曜日の休日

月曜日が金曜日みたいに感じるね。
という話を昨夜した。

今日は「昭和の日」。昭和天皇の誕生日。
昭和という時代は、私にとってはほとんど教科書の中の世界だ。
激動で発展で疲労と奮起とやる気に満ちた世界。
平成はどうだろうか。進化の折り返し地点だろうか。
地球温暖化、環境破壊と叫ばれて久しい。
今の私の幸せは今までの生活にある。

ゆっくり睡眠をとって、
買い物に出かけた。人が多くて休日特有のわくわくする感じに誘われるまま、ちょっと買いすぎたかなと思う。
新しいお弁当箱
その具にしようと、練り物中心の肉類。
サラダさらだ!とお野菜と果物。
東京勤務時代に月一で習っていたパン作りを自分で試みようと粉と菌。
日焼け防止に、日傘…なんてしゃれたものではなくつばの広い帽子。
憧れのパン屋さんへ訪問。
 #一風変わった和風の店構えで、お客さんの雰囲気もなかったから
  通り過ぎそうになりあわてて道を戻って、店の中に入ったら、
  すぐに次のお客さんが入ってきて
  集団だったから圧倒されてその人が注文を終えるまでまとうと思ったら
  次から次へとお客さんが来て
  外にも並んでいるもんだから
  あんまり圧倒されている場合じゃないと思って
  簡単に選んで(私の好きなクリームパンが焼きたてて到着したころでらっきーだと思いつつ)
  購入して出た。
焼き芋も食べたかったけど、売ってるお店を見つけられなかった。

何をあがいても地球にとっては割ることにしかならないような気がする。
消費のみの生活だ。
だから何をするのもうそ臭く感じる。
時間が解決するというのは方便だ。
辛いときはとても有効な魔法の言葉。悪いもんじゃない。
うざったい悲しみは一生ひとりひとりにまとわり付く。
それは自分でかかえるしかないもの。自分で対決していく、それが生きるための精力になっているんじゃないか。
上等

考えてみれば、今週は週末まで特別な休日があるわけじゃない。
お弁当つくりがんばろうと思った。
[PR]

by maokon | 2008-04-29 19:07 | 日記

<< 優しさって感じるものだ 新しい環境へ >>